自己資本比率 ヨーコがチェックする指標の復習

投稿日:2019/05/20(月) 更新日:

どーも。優待と高配当のヨーコです。

株関係、日々勉強中です。
分かったつもりでいる「自己資本比率」をもう一度復習。

自己資本比率=純資産÷総資本×100

自己資本比率とは、企業が保有するすべての資本(総資本)の内、
自己資本と呼ばれる返済の必要のない資本金や自己株式など(純資産)が
どれくらいの割合を占めるかを表す数値指標。

つまり、企業としてどれだけ体力があるかってこと。

自己資本比率が高いほど会社の経営は安定し、倒産しにくい会社となる。
理想は70%越え。
ほぼ無借金経営といえる。体力ばっちり。
最低ラインは40%。
このラインを割ると銀行からの融資が滞るかも。 

PER,PBRと同様、自己資本比率も万能ではない。
事業拡大のための設備投資を行い、一時的に自己資本比率が悪化するケースもある。
金融業だってお金を運用するのが仕事だから、自己資本比率低め。
業績悪化によりガクンと自己資本比率の下がった会社は注意したいと思う。

ヨーコお気に入り銘柄&自己資本比率40%以下。
・オリックス(8591)23.2%
・イオン(8267)10.8%

ヨーコお気に入り銘柄&自己資本比率40%以上。
・日本たばこ産業 48.2%

ヨーコの監視銘柄一部抜粋
KDDI 57.4%
NTTドコモ 68.7%
楽天 10.5%
日本管財65.2%
マツモトキヨシ 64.9%

ちょっと調べるだけでも、ずいぶん面白い。
通信業は自己資本比率高め。
大好きなイオンが自己資本比率低すぎて驚き。
同業他社で比較しなきゃね。
ちなみにセブン&アイは43.1%。
うーん。イオン頑張れ。








1

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。 今回は株主優待初心者さん向けにおすすめの株主優待を紹介します。 【2020年】節約主婦のおすすめ株主優待銘柄3選!【初心者向け】 節約主婦ヨーコが実際 ...

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.