節約主婦におすすめ!株主優待を使った生活費の節約術【初心者向け】

投稿日:2020/06/27(土) 更新日:

どーも。
株主優待をたのしむ節約主婦ヨーコです。

支出を削るだけの節約は、やりすぎると自分や家族のストレスになりますよね。

株主優待をうまく使えば、ストレスを溜めることなく生活費のコストダウンができます。

株主優待を使った生活費の節約術

株主優待を使った生活費の節約術

株主優待は100株保有するのが、優待利回りが最も高いケースが多い。
資金が少なめの節約主婦にはうれしいかぎりです。

最近は瞬間株主対策(優待タダ取りのクロス対策)として、長期保有の設定をする企業も増えています。

現物100株を長期保有して、株主優待をのんびり楽しみつつ生活費を節約する。

それががヨーコのおすすめ。

クオカ―ドで生活費を節約

クオカード

株主優待でクオカ―ドを狙うのがおすすめ!

マツキヨなら、支払いにクオカードを使える店舗が多い。
トイレットペーパーや洗剤・化粧品・お菓子などをクオカードで支払えば、生活費の節約になります。

コンビニで定価のドリンクやアイスクリームをクオカードで支払うより、マツキヨでクオカードを使ったほうが断然おトク!コスパよし!

クオカードに使用期限はありませんし、クオカードの認知度は高いし、とても使い勝手がよいです。

また、かさばらないのがいい。
クオカードはストックしやすいです。

カタログギフトで生活費節約

カタログギフト

株主優待でカタログギフトを狙うのもおすすめ!

調味料や食品、お菓子などを選べるカタログギフトを狙って生活費を節約

ちょっといい調味料を使うと、料理の味が決まる。
食品は、毎日の食事作りに役立つ。
お菓子は家族が大喜びする。

カタログギフトは節約主婦の味方です。

お買い物優待券や食事優待券は、「期限内に使わなきゃ!」という小さなプレッシャーがありますが、カタログギフトにそんなストレスはありません。

株主優待目当ての株式投資 もちろんリスクあり

株主優待は生活費の節約に役立ちます。
でも、当然リスクはあります。

・株価下落のリスク
・株主優待の改悪、廃止のリスク


あまり業績がよくない銘柄への投資は考えモノです。

株初心者におすすめの本

ヨーコのおすすめ株主優待銘柄

▼クオカードをもらうのにおすすめ

・不二電機工業(6654)
(財務鉄壁。1月&7月株主優待銘柄は貴重。)
» https://www.fujidk.co.jp/ir/stock/reduction.html

・菱電商事(8084)
(派手さはないが、安心して保有できる)
» https://www.ryoden.co.jp/ir/benefit/

▼カタログギフトをもらうのにおすすめ

・オリックス(8591)
(王道の株主優待株)
» https://www.orix.co.jp/grp/company/ir/individual/investment/index.html

・日本管財(9728)
(ストックビジネス、年2回株主優待)
» https://www.nkanzai.co.jp/ir/
※日本管財のホームページ、株主優待についての紹介なし

どの銘柄も実際に保有した経験があり、生活費を節約できると実感した銘柄です!

最後に

何でも、その道を極めている人はいます。
株主優待でいうと、桐谷さんが有名ですね。
テレビや雑誌でその生活を見かけたことがあります。
「すごい!」のひと言。
凡人にはマネできません。

ヨーコは部屋が株主優待品であふれかえったり、優待の使用期限を気にしながら生活するのはストレスになるタイプ。

本当に欲しい株主優待株のみを長期保有して、今後も生活費の節約に役立てたいと思います。

それでは!

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.