老人ホームじゃなくて、超富裕層はシニアレジデンス

投稿日:2019/06/15(土) 更新日:

どーも。優待と高配当のヨーコです。

ちょっと前のWBSに、三井不動産が手掛けるシニアレジデンスの放送がありました。
超富裕層のための超高級シニアレジデンス。
もう老人ホームとか呼べない、ハイレベルなイメージ。
必要な設備は何でもある。

その中でも、何がすごいって、そのお値段です!
入居に1億以上のお支払い!!

■約59㎡の広さのお部屋に1人入居の場合
75歳入居 前払い 約1億7000万円
80歳入居 前払い 約1億4000万円
(月払い方式ももちろん可能)

凄い!
ターゲットは企業の創業者ってWBSで放送されてました。
なるほど、庶民のヨーコには無縁の話。
夢があっていいね!
どんな人が入居するのか、見てみたいものです。

三井新御三家 三井物産・三井不動産・三井住友銀行

投資法人みらいをリサーチしている時に出てきた「三井物産」
シニアレジデンスをWBSで紹介していた「三井不動産」
そこに「三井住友銀行」をプラスすると、「三井新御三家」だそうで。

三井グループは戦前の三井財団の流れを汲む企業。
三井財閥は三井越後屋を源流に始まった、日本三大財閥の1つ。
ちなみに、日本三大財閥は三井・三菱・住友
ここを深堀りしていくと、日本の歴史をたどっていくことになるので、ここでストップ。

・三井物産(8031) 

株主優待 なし
配当 80.00
株価 1,760円前後
年初来高値 1,809円(2019/03/20)
年初来安値 1,607.5円(2019/05/14)
PER 6.79
PBR 0.71
ROE 10%
自己資本比率 35%


・三井不動産(8801)
株主優待 なし
配当 44.00
株価 12,750円前後
年初来高値 2,857円(2019/03/27)
年初来安値 2,345円(2019/01/04)
PER 15.81
PBR 1.15
ROE 7.40%
自己資本比率 34.43%


買うなら、三井物産かな!?












1

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。 今回は株主優待初心者さん向けにおすすめの株主優待を紹介します。 【2020年】節約主婦のおすすめ株主優待銘柄3選!【初心者向け】 節約主婦ヨーコが実際 ...

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.