株主優待株、売り基準を考える

投稿日:

どーも。
株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。

セントケアが700円台になり、売ってしまったことにモヤッとしています。

▼セントケアは大幅高で2年ぶり700円台、介護業界のDX関連株として人気化
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200910-05265176-kabukei-stocks

なぜ売ってしまったかを振り返ると、逆指値注文が刺さってしまったから。

【関連記事】
【株ノート売買記録】セントケア・ホールディングス(2374) 売り

損切り苦手なヨーコには逆指値注文がいいと思っていました。
急落から株価が上昇すると、損した気分になります。

投資目的によっては、逆指値注文も良し悪しですね。


売り基準を考える

自分の中で基準を設定しないと、タラレバの世界で迷子になりそうです。

基本的に売らないつもり。
それでも売る時の基準。

買いの目的が失われた時

優待と配当を目的にして買った場合、
優待の改悪や廃止、減配などで優待配当利回りが3%以下になれば手放す。

具体的な数字を設定すると、迷いが減りますね。
これからは「優待配当利回り3%」を軸に据えたいと思います。

それでは!












1

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。 今回は株主優待初心者さん向けにおすすめの株主優待を紹介します。 【2020年】節約主婦のおすすめ株主優待銘柄3選!【初心者向け】 節約主婦ヨーコが実際 ...

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.