やさしい株のはじめ方 「かんちさんへの取材報告」をチェック

投稿日:

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。

優待株投資をされている、かんちさんへの取材報告をチェックして勉強です。

▼やさしい株のはじめ方 「かんちさんへの取材報告」
https://kabukiso.com/syuzai/famous/kanti-syuzai01.html

まずは、かんちさんは優待株を「利回りで判断する優待株」と「成長性で判断する優待株」の2つに分けている。

分けて考えているところが、すでに勉強になりました。

「利回りで判断する優待株」のポイント

  1. 総合利回り(配当利回り+優待利回り)が5%以上
  2. 自己資本比率30%以上
  3. 有利子負債が利益剰余金の数倍もないか
  4. 配当が安定して出ているか

自分に当てはめて考えると、1,2,4はチェックできている。
3がヨーコのできていないトコ。

有利子負債より、有利子負債自己資本比率を見ている。
比率も大事だけど、実際にどれだけ借金抱えているかを確認するのも大事。

利益余剰金は会社が稼いだ利益の累積額を表す指標。
ここがマイナスだと、過去から今までに稼げていないことになる。

「有利子負債が利益剰余金の数倍もないか」をチェックできるようになろう。

「成長性で判断する優待株」のポイント

  1. 売上高・営業利益が0~20%成長を続けている
  2. グレアムのミックス係数(PER×PBR)が15以下
  3. 総合利回り(配当利回り+優待利回り)2%以上

自分に当てはめて考えると、1,2,3すべてチェックできている。

2の「ミックス係数15以下」がきびしめのラインだと感じました。
私はベタに「22.5未満」でみています。

3の優待株に成長性があると判断するなら、総合利回り(配当利回り+優待利回り)2%以上というところが参考になりました。
1%でも3%でもない、2%以上というライン。
今後に役立てます。

割安な優待株の基準

  1. PER10倍以下
  2. PBR1倍以下
  3. 総合利回り(配当利回り+優待利回り)5%以上
  4. 株主優待の内容が魅力的なもの

1~4のすべてに当てはまれば、確かに割安。
条件きびしめで、実際にそんな割安優待株あるのかな??といった感じもします。

注意すること

  1. 利益剰余金が赤字
  2. 直近の2~3期が赤字

要するに、業績が悪化しているところには近づくなということ。
どんなにおいしい優待でも、業績の悪いところには近づかない。
おいしい優待に釣られちゃダメ。

まとめ

かんちさんの投資に対する考え方は、投資スタイルが似ているためか、うなずけるところが多かったです。

今後も、いろいろな人の投資スタイルを参考に、自分自身の投資スタイルを固めていきたい!

それでは!







1

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。 今回は株主優待初心者さん向けにおすすめの株主優待を紹介します。 【2020年】節約主婦のおすすめ株主優待銘柄3選!【初心者向け】 節約主婦ヨーコが実際 ...

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.