テレビ買い替え ウチはソニー

投稿日:2019/06/24(月) 更新日:

どーも。優待と高配当のヨーコです。

新婚の時に買ったシャープ亀山モデルのテレビがとうとう壊れました。
子どもと夫はテレビのない生活なんて考えられないらしく、
夫がすぐ家電量販店に行って、テレビを買い替えてくれました。

買い替え予算は10万円!

夫に伝えた予算は10万円。
電気機器関連に詳しい理系男子の夫、
限られた予算でどこのテレビを買ってくる!?

答えは「ソニー」でした!
4K対応。
サイズは49型。
保証関係いろいろ込々で90,000円。

夫がソニーを選ぶなんて意外だったけど、
きっちり予算内に納まってる。

世界市場と日本での薄型テレビのシェアは?

株関係に興味があるためか、
自然とテレビのシェアはどうなっているのか気になります。

■薄型テレビの企業別世界シェア(2015年)
1位 サムスン(韓国)27.9%
2位 LG(韓国)13.2%
3位 ソニー(日本)8.1%
4位 ハイセンス(中国)5.9%
5位以下省略

■薄型テレビの企業別日本シェア(2015年)
1位 シャープ 36.4%
2位 パナソニック22.6%
3位 東芝 16.5%
4位 ソニー 11.2%
5位以下省略

ソニーが世界シェアでも日本シェアでもランクインしている!
さすが夫!見る目がある!

世界シェアで2位を獲得していたLG推しだったヨーコ。
家電量販店のチラシみていたら、LGやハイセンスのテレビは安い。
日本製品と比べ、価格差が歴然としている。

高機能な付加価値のある商品なんて求めていない。
ヨーコはテレビは映ればいいと思ってる。

でも、夫には選ばれず。
テレビを横から見た時の映りが・・・とか言っていました。

いずれにせよ、世界市場で巨大なシェアを獲得しているサムスンやLGが日本では全く売れていない、
逆に日本企業の製品は世界では不人気。

日本企業の製品が価格競争で韓国や中国勢に勝てる可能性は少ないですよね。
今後シェアを伸ばしていく事は困難なように思いますが、
ウチのテレビがソニーになったので、ソニーを応援したい気持ちでいっぱいです。

それでは!







1

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。 今回は株主優待初心者さん向けにおすすめの株主優待を紹介します。 【2020年】節約主婦のおすすめ株主優待銘柄3選!【初心者向け】 節約主婦ヨーコが実際 ...

-

Copyright© 株主優待!節約主婦ヨーコの投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.