【株主優待】桐谷さんの2020年うれしかった優待、悲しかった優待 日経マネー2月号より

投稿日:2020/12/26(土) 更新日:

どーも。株主優待をたのしむ、節約主婦ヨーコです。

日経マネー1月号を読みました。
(節約主婦らしく、図書館で読みました)

株主優待株投資家として超有名な桐谷さん。

日経マネーにも、ダイヤモンドZAIにもでてるし、月曜から夜ふかし 元旦9時からのスペシャルにも登場されます。

ヨーコは桐谷さんのファンです。
そのため、桐谷さんが気になる銘柄は気になります!

うれしかった優待 7銘柄

日経マネーで、2020年のうれしかった優待として7銘柄紹介されていました。

その中でもヨーコが気になったのは下記4銘柄

・アマガサ
・ひろぎん
・エディオン
・菱電商事

コメント:アマガサは業績の悪さにひるまず、とびつけばよかったと後悔した銘柄。
3回優待がもらえれば、もうそれだけでほぼ恩株。

優待で自分が欲しいクツなければ、無難な商品を手に入れて、そのままメルカリさんのお世話になればよかったな。
タラレバですね。

ひろぎんはおいしすぎる優待だと分かった上で保有中。

菱電商事も保有中。

エディオンはいい優待。近くに店舗があれば買っていたと思う。

悲しかった優待 3銘柄

悲しかった優待として3銘柄紹介されていました。

・河西工業
・ダイコク電機
・日本モーゲージサービス

コメント:河西工業はクオカ―ド優待として人気の銘柄でした。
1年以上の長期保有があれば、1000円増額されたし。

長期保有の条件あるところでも、あっさりと株主優待を廃止するのだなとショックを受けた銘柄でした。

ダイコク電機はネットカタログ優待が人気の銘柄でした。
ここも長いこと優待を続けていたところだったので廃止には驚きました。

日本モーゲージサービスは、おいしすぎる優待だったので、やっぱり改悪きたな。。という印象。
改悪具合も、株式分割を混ぜて、絶妙。

長期優遇に対しても、すぐ微調整(?)したし、経営者が株主優待の釣り方を分かっているな。。といった感じ。

まとめ

優待利回りいいと、うれしい銘柄になりますね。

業績悪化の銘柄は、河西工業やダイコク電機の様に優待廃止で悲しい銘柄になっちゃう。

株主優待は個人投資家には有利な制度と思っています。

桐谷さんのように、どっぷりと株主優待にはハマれませんが、
2021年もほどよい距離を保ちつつ、株主優待を楽しみたい。

それでは!







-

Copyright© 株主優待★節約主婦ヨーコの株ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.